まつさか香肌峡環境対策委員会

ご訪問ありがとうございます。まつさか香肌峡の自然豊かな景観と、そこで豊かに暮らす人々の環境を、未来へつなげていく対策委員会です。

香肌峡の山々に、未来の見えない開発である風力発電所計画を進めるのではなく
森林と清流を宝として、未来を創造していく人々が集まることを目指しています。

4つの顔と木が描かれたかわいいロゴマークは、香肌峡とつながる沢山の人のアイデアや意見、知恵が木のように成長し、ひとつの山となるイメージを表しています。

署名を集めています!

山々を切り崩して大規模な風力発電所を作る計画を止めるために、皆様のお力を貸して頂きたいです。
署名用紙を下記からダウンロードしてお使いいただけます。
一枚で5筆ご記入いただけます。呼びかけ人にお心当たりありましたらお声がけ下さい。
呼びかけチラシも作りました。地域の様子や活動の想いが込められています。
署名提出は令和4年5月予定です。
送付先はまつさか香肌峡環境対策委員会へ(用紙に住所など記載)

電子署名も受け付けます

‐ 千里の道も一歩から - 下記のリンクから電子署名ができます。
この活動に共感いただける方は、つながる皆様にシェアをどうぞお願いします。

電子署名は一回につき一名ずつで、Change.orgのサイトに登録が必要です。
住所の自動入力機能がありますが、念のためお手数ですが手動入力でお願いします。

風力発電計画について

2021年7月30日に環境配慮書が出された
リニューアブル・ジャパン社による
飯高地域での大規模風力発電所計画があります。
再生可能エネルギー普及の名のもとに
自然エネルギーそのものである原生林を切り崩そうとする計画が、地域に波紋を投げかけました。
4エリアに渡って巨大建造物を60基!
林道工事と風車設置工事に49ヶ月かかるというこの大工事大開発計画が、地域との共存共栄につながる可能性はあるのでしょうか。

自然と共にある豊かさって何だろう

香肌峡の山々は原生林を残した豊かな生態系
林業・漁業・農業、どれも昔から続いている。
水と空気、食べる物と息づく場所
豊かに生きる一つの形がここに残っている

風力発電は何の課題解決になるのだろう

過疎地域で仕事の必要もある中での開発計画は
全く魅力がないわけでもない。
けれど20年に満たない事業でいいのだろうか。
人々が問題を考えるきっかけにはなったかな。

人々のつながりこそが宝物

山で働く人、川と親しむ人、道を行き交う人
生まれ育った人、帰ってきた人、飛び込んだ人
子供も大人もみんな地域の宝で
居場所があるから安心して未来を創造できる

報道まとめ

飯高地域風力発電計画に関しての
新聞やメディアでの報道をまとめてあります。
住民の声によって、流れが動いていく様子を
各メディアで取り扱ってもらっています。
世論の振り返りにお役立て下さい。


 

お問い合わせ

まつさか香肌峡環境対策委員会へのお問合せは下記フォームからお願い致します。

当委員会は松阪市香肌峡での風力発電計画に疑問を抱いての発足・活動となります。
再生可能エネルギー全般に関してのご質問やご警告に対しての機能はありませんので、ご了承ください。 

Japan

プライバシーポリシーを読み同意します。

当委員会の活動内容や、ご支援先などは、委員会のページに記載しています。